コンサルティングサービス内容

PMO支援

関連するプロジェクトが輻輳して走る環境では、プロジェクト管理以上の統括機能が必要になります。クライアントの統括責任者の参謀としてSE、PM、コンサルタントの総合力で戦略の実現を支援します。  

<基本アプローチ>

1. PMO立ち上げ  

1) 現状把握 PMOについてのクライアントでの認識、取組み状況等を把握し最適な方法を提示します。
2) 対象プロジェクト選定 PMOの管理対象とするプロジェクトの選定基準を作成しプロジェクト選定を行います。
3) PMO管理項目定義 進捗状況、課題管理状況、リスク評価等、PMO管理の定量項目・定性項目を定義します。
4) PMOプロセス設計 PMO体制・役割分担、計画・実施・確認・アクションの報告・評価プロセスを設計します。
5) PMOテンプレート設計 PMO管理項目を可視化して報告・管理するための標準書式を設計します。
6) 展開計画作成 PMO管理実施について各プロジェクトで実行可能な展開計画を作成します。

 

2. PMO実施運営  

1) PMO実施説明 PMOおよび各プロジェクトに対してPMO実施内容の説明を行います。
2) プロジェクト会議参加 各プロジェクト会議に参加し重要課題、重要リスク、影響度、対応策、状況等を把握します。
3) 報告資料作成支援 各プロジェクトおよびPMOが作成するPMO報告資料の作成を支援します。
4) 報告会議開催 各プロジェクトおよびPMOからのマネージメントへの報告会議を運営します。
5) 指摘事項フォロー PMO報告会議の場でマネージメントより指摘された事項の実施状況をフォローします。

 

3. PMO運営評価

1) 実施内容改善 PMO実施状況を評価し必要時、管理項目、プロセス、テンプレート等の改善を行います。
2) PMO事後評価 全プロジェクト終了後に今回実施したPMO運営そのものについて評価・反省を行います。

 

情報システム再構築支援

クライアント課題の状況に即し、基本アプローチを最適化させながら、最短の時間で最も効果的なコンサルティングを提供します。

<基本アプローチ> 

1.目標設定 何のために再構築するのかその理解・合意にブレがあってはなりません。
2.事業戦略のIT要件 事業方針、事業戦略実現のための課題とITへの要件は何かを分析します。
3.業務課題の分析 現在の業務課題、今後想定される課題を環境変化の認識のもと多面的に分析します。
4.システム課題の分析 業務課題に対応するシステム課題を今後の変化も考慮に入れ分析します。
5.あるべき姿の明確化 業務およびそのプロセスのあるべき姿を業務要求仕様としてまとめます。
6.アーキテクチャ あるべき姿を全体アーキテクチャとして描き、何をどう変えるのかを明確化します。
7.パッケージ選択 パッケージが適用できる場合は、パッケージ選択の評価基準を決め、選択の支援をします。
8.導入・移行計画 緊急性、投資効果、開発体制、ユーザ受け入れ体制、その他依存性を十分考慮に入れて実行可能なシステム化計画を策定します。
9.RFPの作成 開発ベンダー選定のためのRFPを作成支援します。
10.実施体制の提案 開発・導入・移行体制を提言します。必要な場合PMO機能も提案します。

 

 

次のページへ >>